This page:キリンカップサッカー2009チリ戦 > 岡田監督の意気込み

岡田監督の意気込み

キリンカップサッカー2009が5月27日より開催されます。
今回のキリンカップにおける日本代表のスケジュールは5月27日のチリ戦、5月31日のベルギー戦の2戦となっています。

第1戦目であたるチリは、日本代表の岡田監督の強い要望によって参加が実現したそうです。

チリ代表はオールコートプレスを得意としたチームであり、ほぼマンツーマン気味でプレッシャーを掛けてくる戦術を得意としているそうです。
そういったプレイスタイルのチームは少ないため、ワールドカップ予選を勝ち抜く上での良い調整の相手となると、岡田監督は考えたようです。

5月現在のFIFAランキングは日本が35位であるのに対し、チリが26位、ベルギーが62位となっています。
順位が上であるチリはワールドカップ南米予選でも現在3位とグループリーグ突破が見込まれる高位置につけていますし、62位のベルギーも、激戦区であるヨーロッパ予選で戦っているため、順位は落とし気味ですが、侮れる相手ではありません。

現在、日本代表はワールドカップ最終予選において、グループ2位であり、ウズベキスタン戦で勝利し勝ち点3を得ることができれば出場権を獲得できるといった好ましい状況です。
岡田監督の掲げる、ワールドカップで4位という目標はかなり難しいですが、過去の結果よりもよりよい成績を残すために、キリンカップサッカー2009でワールドカップ最終予選に向け、しっかりと調整を行ってもらいたいものです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0