This page:キリンカップサッカー2009チリ戦 > 松井大輔のプレイスタイル

松井大輔のプレイスタイル

松井 大輔(まつい だいすけ)1981年5月11日生まれ、フランスのサッカーリーグ、リーグ・アンのASサンテティエンヌ所属にするミッドフィルダーで、日本代表としても活躍している選手です。

2004年当時フランスの2部リーグ所属であったル・マンに移籍し、2部リーグ内でも低迷し中盤程度の順位であったル・マンに加入後は中心選手として1部昇格圏内にまで押し上げるといった活躍を見せたことや、美しいプレイスタイルを見せたため「le soleil du Mans(ル・マンの太陽)」と呼ばれました。

松井はドリブル、パス、トラップといったテクニックに優れた選手です。
テクニシャンタイプの日本人プレーヤーはフィジカルの面で弱さを見せる場合が多いのですが、あたりの強いフランスリーグで過ごすうちに改善され、体を張ったプレイや、厳しいコンタクトを受ける前にすばやくパスをだすといったフィジカルの面で勝る海外選手に対抗する術を身につけました。

ル・マンでは主に左のハーフサイドで出場する機会が多くありましたが、右サイドハーフやトップ下、セカンドトップ、ウイングといった様々なポジションをこなすことができるなど、戦術理解の高い選手でもあります。
また、こぼれ球を拾うために前線へ詰め寄るといったプレイも多くみせてくれます。

今回も日本代表に召集されていますが、5月30日までリーグ・アンの日程が組まれているため、5月27日から開幕されるキリンカップサッカー2009のベルギー戦やチリ戦に出場するかどうかは不明です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0