This page:キリンカップサッカー2009チリ戦 > 長谷部 誠

長谷部 誠

長谷部 誠(はせべ まこと)は1984年1月18日生まれ、ドイツブンデスリーガ、VfLヴォルフスブルクに所属するミッドフィルダーです。

長谷部はU?18日本代表候補に選出されたことがあるものの、フィジカルが弱いと、それほど評価の高い選手ではありませんでした。

2002年に浦和レッドダイヤモンズに入団し、初年は活躍の場がありませんでしたが、翌2003年にはレビュらーをつかみ、Jリーグベストイレブンに選出されるなど、頭角を現します。

日本代表としては、2006年のアメリカ遠征に選出され、初出場を果たしますが、ドイツワールドカップメンバーには選ばれず、オシム監督の就任後に代表に定着するようになりました。

2008年ドイツのVfLヴォルフスブルクに移籍し、サイドアタッカーとして活躍しています。

長谷部の持ち味は豊富な運動量にあり、献身的な守備を行います。
元々は攻撃的なMFであり、長距離をドリブルにて突破していくことを得意としております。
スタミナの高さからか、試合終了間際になってもスピードのある巧みなドリブルで敵陣に切り込み、得点を挙げるといった場面を幾度と無く見せつけてくれました。

現在VfLヴォルフスブルクの貴重な戦力として活躍していますので、5月27日から開幕されるキリンカップサッカー2009のベルギー戦やチリ戦に出場するかどうかは不明です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0