This page:キリンカップサッカー2009チリ戦 > マティアス・フェルナンデス

マティアス・フェルナンデス

マティアス・フェルナンデス(本名 マティアス・アリエル・フェルナンデス・フェルナンデス)は1986年5月15日生まれ、チリ代表のサッカー選手で、ビジャレアルに所属しています。

チリ人の父とアルゼンチン人の母を持つマティアス・フェルナンデスはブレノスアイレスの生まれであり、アルゼンチンとの二重国籍を取得していますが、幼い頃にチリに移住したということもあり、チリ代表として活躍しています。

ポジションはMF。
高いテクニックとスピードが持ち味で、巧みなフェイントやラボーナ(クロスキック)も得意としています。
得点感覚も非常に優れており、2006年のシーズンでは112試合に出場して57ゴールを決めるなど、驚異的な成績を収めたため南米年間最優秀選手賞を受賞しています。

また、チリ代表においても2005年FIFAワールドユース選手権ではキャプテンとしてベスト16の成績を収めています。
A代表のデビューは同じく2005年のペルー対チリ戦です。

5月31日までビジャレアルの日程が組まれていますので、キリンカップサッカー2009の日本代表戦に参加できるかどうかは難しいところではあります。

チリ代表は2002年、06年とワールドカップへの出場を逃すなど、ここ数年低迷していたようですが、マティアス・フェルナンデスをはじめ、20代前半の若い選手の活躍が目覚しいため、2010年ワールドカップ予選では3位と高順位です。
予選の結果如何ではワールドカップ本選で日本代表対チリ戦といった試合が見られるかもしれませんので、その際には是非注目したい選手です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0