This page:メタボリック シンドロームの予防・対策

メタボリックシンドロームとは

今年の4月から、メタボ検診という特定健康診査および特定保険指導が実施されました。
このメタボ検診の実施によって、これまで以上にメタボリックシンドロームについて考え、その予防策を調べるようになった社会人の方は多いかと思います。
これまではテレビでよく言葉として聞く程度だった方も、身近に感じるようになったかもしれません。
そこで、ここではメタボリックシンドロームというものについて、改めて考えていきたいと思います。

まず、メタボリックシンドロームとはそもそもどういう意味なのでしょうか。
最近は雑学系の番組などでも問題として出されているのをよく見かけますね。
逆に言えば、問題となるくらい、あまり知られていないこととも取れます。
実際、多くの方が「肥満の事」と思っていたようです。

メタボリックシンドロームとは、日本語にすると『代謝症候群』という意味になります。
具体的に内容を説明すると、内臓脂肪型肥満に加え、高血圧・高血糖・高脂血症の中の2つ以上を合併している状態の事を指します。
つまり、メタボリックシンドロームとは合併症の事です。
これがなぜ肥満という意味でよく使われているかというと、その合併症のすべての要素が、肥満体質の人が陥りやすい病気だからです。

よって、メタボリックシンドローム=肥満ではなく、肥満の方の多くがメタボリックシンドロームである、というのが正しい認識です。
予防をする上でも、ただ単に体重を減らすだけではメタボの予防とはいえないのです。

現在、メタボリックシンドロームには大きな関心が寄せられています。 メタボリックシンドロームがどのような病気であるか、どのように予防すべきか、治療はどう行うべきなのかなど、様々なところで論じられています。 以前はメタボリックシンドロームと言えば肥満を意味し、肥満を予防する事で回避できると考えられていま…
2008年の4月から、「メタボ検診」と呼ばれる特定健康診査および特定保険指導が実施されました。 腹囲、コレステロール値、血糖値、血圧、の4項目を調査し、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病に対しての診断及び指導を行うための、国内初めての義務を伴う健康診断です。 このメタボ検診が実施された…
メタボ検診がはじまって数ヶ月が経過しましたが、まだ今のところそれによる影響が出てくるといった段階ではないようです。 少なくとも、あと2年近くは見ない事には、本当のメタボ検診の意義は出てこないかもしれません。 あと2年ほど経てば、少なからず影響が出るものと思われます。 そして、この影響次第で、各家庭の…
大人のメタボリックシンドロームの診断基準と比較し、子供の診断基準はやや曖昧です。 というのも、子供という定義自体曖昧ですし、この頃は身体的な成長が著しく、その成長にも個人差がかなり大きく影響してくるので、例えばウエスト何センチなどという定義は難しいからです。 よって、予防を目的とする上でのメタボリッ…
メタボリックシンドロームの定義は、肥満に加え更に高血糖や高血圧、高脂血症を二つ以上抱えている状態です。 では、この場合の肥満、あるいは高血圧や高血糖などというのは、どういった定義によって決められているのでしょう。 具体的な数字が決まっているのでしょうか。 実は決まっています。 ただし、その定義は男性…
メタボリックシンドロームの予防として最も健全かつ有効なのは、定期的な運動です。 人間は体を適時動かすことで体調を整え、余計な脂肪がつくことを予防できるようにできています。 よって、運動することはメタボリックシンドロームを予防する事につながるのです。 しかし、なかなか運動する時間を持てない社会人の方も…
メタボリックシンドロームの予防策である運動は、必ずしもランニングや球技、ジム通いでなければできないものではありません。 月に数回本格的に運動するよりも、毎日少しずつでも身体を動かす方が、メタボリックシンドローム予防という観点においては効果が期待できます。 通勤中であったり、ちょっとした時間を利用し、…
メタボリックシンドロームの予防として挙げられる運動ですが、お年を召した方はなかなか実践する事が困難かと思います。 若い人であれば、例えば朝に30分だけ早く起きて、軽くランニングするという感じで時間も作りやすいですし、運動そのものに関しての体力的負担も少ないでしょう。 しかし、加齢によって筋力が衰えて…
メタボリックシンドロームを予防する上で重要なのは、日常生活を改善する事です。 ほとんどの人は、生活の中にメタボリックシンドロームの原因となる行動を取っています。 それは、食生活以外にも沢山あります。 そこを改善していく事が、メタボリックシンドロームの予防に繋がるといえるでしょう。 まず第一に予防の為…
メタボリックシンドロームの予防の一環として、酒量を抑えるというものがあります。 過剰な飲酒はメタボリックシンドロームの原因となるので、予防するためには必要な事です。 お酒の量は、メタボリックシンドロームの予防を左右する非常に重要な問題なのです。 タバコと同じく、体に悪影響を及ぼす物として、あるいは娯…
お酒を控える事は、ある意味タバコをやめることより難しいかもしれません。 お酒の場合、自分ひとりでの節制ではどうにもならないようなケースもあるからです。 逆に言えば、酒の席でどれだけ量を控える事ができるかで、メタボリックシンドロームの予防ができるかどうか決まるといっても過言ではないでしょう。 酒の席で…
メタボリックシンドロームの予防の核は、禁煙、禁酒にかかっていると言っても過言ではありません。 お菓子を食べない事や、間食を控えるといった行為は、そう難しくはありません。 過食症の方は難しいかもしれませんが、それ以外の人ならば我慢できる範囲です。 子供だったら、外で遊ばせても良いですし、単に買い与えな…
メタボリックシンドロームというと、どうしても肥満のイメージが強いので、食事療法ばかりが予防だと思われがちです。 しかし実際には、生活全体を見直して、規則正しい生活習慣を身につけないことには、ちゃんとした予防とはいえないというのが現状です。 その上で、最も生活の基盤となるものと言えば、やはり睡眠を挙げ…
メタボリックシンドロームの予防に欠かせない、睡眠時間の安定した確保ですが、中には睡眠時間をしっかりとれない不規則な生活をしなくてはならない人もいるでしょう。 お仕事の都合上、一日に4時間程度しか眠れなかったり、毎日寝る時間が変わったりといった具合に、安定した睡眠ができない人は世の中大勢います。 そん…
よく夏場で聞く健康法に、クーラーやエアコンは身体に悪い、氷の入った水は身体によくないという意見を聞く事が多いかと思います。 これは、急激に身体を冷やす事がよくないという訳で、氷やエアコンの風が身体に害を及ぼすという事ではありません。 ですから、上手く温度調節してやれば、決して身体に悪いという事にはな…
メタボリックシンドローム予防の天敵ともいえるのが、ストレスです。 ストレスは様々な体調悪化を生む原因であり、メタボリックシンドロームの要因の一つとして数えられています。 メタボリックシンドロームを予防する為には、ストレスをできるだけ生まない事が重要です。 しかし、予防策の中にはどうしてもストレスを生…
メタボリックシンドロームを予防する上で、食生活の改善は必須事項です。 その中にあって鍵を握るのは、野菜類、きのこ類といった、体にいい食品をどれだけ効率よく摂取できるかです。 これらの食品は、体に悪い要素はほぼ皆無で、逆に体調を整える上で非常に優れた栄養素を含んでいる食品です。 当然、できるだけ毎日適…
メタボリックシンドロームの予防において、悪玉コレステロールは最大の敵です。 悪玉コレステロールが血液中に多く含まれると、高血圧や高血糖、高脂血症の原因となります。 よく血液がドロドロになる、と言いますが、まさにその状態がメタボリックシンドロームといっても過言ではありません。 メタボリックシンドローム…
メタボリックシンドロームの予防を心がける人の多くは、中年の方でしょう。 どうしても悪玉コレステロールがたまったり、脂肪を燃焼できず蓄積させて、血液がドロドロになってしまうという人が多いのは、中年の方の悩みですよね。 しかし、一番気をつけなければならないのは、一人暮らしの大学生だったりします。 という…
メタボリックシンドロームとは、肥満の事ではなく、れっきとした病気です。 それもただの病気ではなく、合併症です。 それが何を意味するのかというと、複数の病気を抱えている非常に危険な状態ということです。 糖尿病に代表されるように、合併症を呼び込む状態というのは、死の危険を呼び込む非常に危険な状況です。 …
メタボリックシンドロームは、自覚なき恐ろしい病気です。 そんな病気から身を守るためには、予防策を常に実施しておくことが第一でしょう。 しかし、現在の生活環境ではなかなか予防もままならない、という方も多いはず。 そういった人たちは、どうすればいいのでしょう。 基本的に、メタボリックシンドロームは、痛い…
メタボリックシンドロームの兆候として、肥満以外にあげられるのは、体調変化です。 肩こり、頭痛、耳鳴り、めまい、動悸、息切れといった症状が慢性的に起こるようなら、メタボリックシンドロームの可能性を疑い、予防を考える必要があります。 ただ、これらはすべてメタボリックシンドローム特有の症状ではありません。…
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満+高血圧・高血糖・高脂血症のいずれかを合併させた状態の、極めて危険な病気です。 予防する事で防げるものの、自覚症状がない事もあり、現在数多くの日本人がこのメタボリックシンドローム、もしくはその予備軍となっています。 では、メタボリックシンドロームはどういった…
メタボリックシンドロームの要因として、運動不足が挙げられます。 運動は、脂肪を効率よく燃焼し、血液の循環をよくする働きがあります。 メタボリックシンドロームに関わる症状を予防する上で、運動は欠かす事のできない大事な行動です。 運動する事で、人間は体調を整えるのです。 しかし、近年の若年層はあまり運動…
メタボリックシンドロームの原因となる要素は、食べ過ぎや運動不足だけではありません。 数多くの理由、そしてそれらの理由が複合することで、高血圧、高血糖、高脂血症といった症状が重なり、メタボリックシンドロームに発展してしまうのです。 その中でも特に大きな理由のひとつとされるのが、喫煙です。 タバコは、動…
メタボリックシンドロームは、生活習慣病と呼ばれる病気が重なった状況の事を指します。 よって、生活習慣が乱れていることは、メタボリックシンドロームになる可能性を大きく高めることになります。 特に、夜型の生活になってしまうと、メタボリックシンドロームの危険が迫ってくると考えてもよいでしょう。 大学生やフ…
メタボリックシンドロームの予兆は、厳密には特定が難しいですが、体調の変化や体系の変化に現れると考えていいでしょう。 肩こりや頭痛など、疲労やストレスといった体調の悪化と同じ症状なので、メタボリックシンドロームであると判断するのは難しいですが、体調が悪いということはどこかしらに問題があるということなの…
メタボリックシンドロームを予防する為には、さまざまな方法があります。 それらすべてを行う必要はありません。 というより、それは物理的に無理です。 自分にあった予防策を見つけ、それを継続的に実践していくことが重要です。 そこで、ここからはメタボリックシンドローム予防の具体策について、いくつかご紹介しま…
今年の4月から、メタボ検診という特定健康診査および特定保険指導が実施されました。 このメタボ検診の実施によって、これまで以上にメタボリックシンドロームについて考え、その予防策を調べるようになった社会人の方は多いかと思います。 これまではテレビでよく言葉として聞く程度だった方も、身近に感じるようになっ…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0