This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの兆候1

メタボリックシンドロームの兆候1

メタボリックシンドロームは、自覚なき恐ろしい病気です。
そんな病気から身を守るためには、予防策を常に実施しておくことが第一でしょう。
しかし、現在の生活環境ではなかなか予防もままならない、という方も多いはず。
そういった人たちは、どうすればいいのでしょう。

基本的に、メタボリックシンドロームは、痛いとか苦しいといった自覚症状がないので、気がついたら進行していたというケースがほとんどです。
ですが、まったく兆候がないわけではありません。
むしろ、怪しむべき兆候は数多くあります。
その兆候を確実に察知することで、予防に次ぐ防衛線とすることができます。

メタボリックシンドロームの兆候としては、やはり肥満が上げられるでしょう。
メタボリックシンドローム=肥満ではありませんが、メタボリックシンドロームの原因のほとんどが、肥満体質になった時の状態であったり、肥満になる際の原因であったりと綿密な関係性を持っています。
よって、肥満の兆候が見られるということは、メタボリックシンドロームの兆候でもあるのです。
肥満といっても、100kgを超えるような状況を指すわけではありません。
それまでよりも明らかにお腹周りが1サイズ増えた、という時、すでに危険は迫っています。

例えば、以下のような状況の場合は、注意が必要です。

・ベルトの穴をひとつ手前にしなくてはならなくなった。
・食後でもないのにお腹が軽く張っている。
・気を抜くとお腹が出てしまっている。

十分気をつけましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0