This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの原因1

メタボリックシンドロームの原因1

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満+高血圧・高血糖・高脂血症のいずれかを合併させた状態の、極めて危険な病気です。
予防する事で防げるものの、自覚症状がない事もあり、現在数多くの日本人がこのメタボリックシンドローム、もしくはその予備軍となっています。
では、メタボリックシンドロームはどういったことが原因で発症するのでしょうか。

一番の要因は、過食です。
肥満とも大きな関わりがあるメタボリックシンドロームですが、内臓脂肪が増えるのも、血圧や血糖値が上がるのも、全て食事が大きな要因となります。
許容摂取量を越えた食事の摂取は、脂肪が増える、血圧や血糖値が増す大きな原因と言えます。
特に、頻繁に間食をとる事は危険です。
ポテトチップスなどの、油を多く含んだ食品は、過剰摂取するとメタボリックシンドロームの大きな要因となってしまいます。

食生活の欧米化に伴い、日本の食卓には脂肪を含んだ食品が多くなりました。
特に、ジャンクフードは非常に脂肪や塩分が多く含まれています。
これを何も考えずに定期的に過剰摂取している人が、若年層を中心にかなり増えています。
これによって、メタボリックシンドロームを抱える、または予備軍となっている人が増えているという事がいえるでしょう。

もっとも予防しやすいように思えて、予防できないのが、食事の過剰摂取です。
食欲は人間の欲の中でも特に制御が難しい欲といわれています。
よって、工夫して予防に取り組む必要があるでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0