This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの兆候2

メタボリックシンドロームの兆候2

メタボリックシンドロームの兆候として、肥満以外にあげられるのは、体調変化です。
肩こり、頭痛、耳鳴り、めまい、動悸、息切れといった症状が慢性的に起こるようなら、メタボリックシンドロームの可能性を疑い、予防を考える必要があります。
ただ、これらはすべてメタボリックシンドローム特有の症状ではありません。
それが、メタボリックシンドロームを自覚なき難病としている理由です。

肩こりなどは、ちょっと重労働したり毎日パソコンと格闘していれば、誰でももってしまう病気です。
めまいにしても頭痛にしても、疲労からくる一過性のものが大半でしょう。
よって、こういった症状だけでは、たとえ兆候であっても中々メタボリックシンドロームと結びつけ、予防まで考えるのは難しいようです。

こういった症状と自分の現在の状況を照らし合わせてみると、どうでしょう。
もし仕事が忙しくてそうなっているなら、深く悩む必要はないかもしれません。
しかしそうではない場合は、病気を疑うべきでしょう。
ただ、忙しい状況であっても、体調不良の原因がメタボリックシンドロームである可能性は十分あります。
結局のところ、こういった兆候は兆候としては自覚しにくいのが現実です。

もしも動悸やめまい、頭痛などを常日頃感じるようなら、まず病院へ行くことが第一です。
血液検査を受けて何もなければ、その時点でメタボリックシンドロームの疑いはなくなるわけですから、安心を買うという意味で病院にいってみるのが望ましいでしょう。
とはいえ、なかなかそんな時間を取れないのが社会人。
そこで、メタボ検診という制度ができたのです。
メタボ検診での検査によって、メタボリックシンドロームの兆候はしっかり把握でき、予防する事ができることでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0