This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの予防策6

メタボリックシンドロームの予防策6

メタボリックシンドロームの予防として最も健全かつ有効なのは、定期的な運動です。
人間は体を適時動かすことで体調を整え、余計な脂肪がつくことを予防できるようにできています。
よって、運動することはメタボリックシンドロームを予防する事につながるのです。

しかし、なかなか運動する時間を持てない社会人の方も多いでしょう。
現大阪府知事の橋下徹氏も、どうしても運動をする時間がないので、公用車を使用してジムに行ったという事がニュースになっていました。
このような事をいちいち騒ぎにするのは好ましい事ではないのでしょうが、それだけ運動が大事であるということの表れとしては、なかなか興味深い話題だったのではないでしょうか。
例え時間が取れなくても、どうにかして確保し、運動するということが重要なのです。

ただ、ジム通いしなくても運動はできます。
例えば、満員電車でも運動は可能です。
立っている状態で、かかとを少し浮かせてつま先立ちでずっと立ってみましょう。
それだけでも、足回りの筋肉に負荷がかかり、立派な筋トレになります。
毎日これを続けるだけでも、結構なメタボリックシンドロームの予防となるでしょう。
また、大きく揺れる電車の中で、体をまっすぐに保つよう心がけるだけでも、トレーニングになります。
バランスを保つ場合、外力に対して押し戻す動きが要求され、それが負荷となっていくのです。
男性の場合、痴漢に間違われないよう手を上げて行えば、さらに効果も増します。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0