This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの予防策8

メタボリックシンドロームの予防策8

メタボリックシンドロームの予防として挙げられる運動ですが、お年を召した方はなかなか実践する事が困難かと思います。
若い人であれば、例えば朝に30分だけ早く起きて、軽くランニングするという感じで時間も作りやすいですし、運動そのものに関しての体力的負担も少ないでしょう。
しかし、加齢によって筋力が衰えている人にとって、ランニングはそれだけで苦痛です。
まして、ある程度距離を走らないといけないとなると、肉体的負担だけでなく、時間的な負担も大きな問題となります。
30分運動しても、ほとんど動けないといった事態になってしまうかもしれません。

そこで、どうすれば高齢者のメタボリックシンドローム予防ができるかについて考えてみましょう。
まず第一に、日常生活の中で、少し努力をする事が大事です。
例えば、買い物に行くとき、ちょっとした距離ならば車やバスを利用せず、歩く。
外食する時はちょっと遠めの飲食店を選び、そこまで歩く。
満員電車内でちょっとしたストレッチを行う。
とても簡単ですし、特別運動の為に時間を取る必要もありません。
ゆったりした時間の中で、余裕を持って運動できます。

ただ、これらのあまり身体を動かさない運動で、果たしてメタボリックシンドロームの予防になるのだろうか、という疑問をもった方もいるかと思います。
ですが大丈夫、効果は現れます。
メタボリックシンドロームの予防は、短時間の激しい運動よりも、長期に渡る緩やかな運動が効果が出るのです。
大切なのは、持続する事なのです。
日常生活の中に組み込む事ができれば、習慣化し、苦もなく持続できるでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0