This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > 大人のメタボリックシンドロームの診断基準

大人のメタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームの定義は、肥満に加え更に高血糖や高血圧、高脂血症を二つ以上抱えている状態です。
では、この場合の肥満、あるいは高血圧や高血糖などというのは、どういった定義によって決められているのでしょう。
具体的な数字が決まっているのでしょうか。

実は決まっています。
ただし、その定義は男性、女性という性別、そして大人と子供によってそれぞれ異なります。
また、国によっても異なってきます。
ここでは、メタボリックシンドロームの予防に必要な、日本の大人についてのメタボリックシンドロームとみなされる定義についてご紹介します。

メタボリックシンドロームとみなされる上での必須条件である内臓脂肪過多ですが、これは腹囲によって決まります。
男性の場合は腹囲が85cm以上、女性の場合は90cm以上の状態であったならば、内臓脂肪過多、つまりは内臓脂肪型肥満と診断されます。
またはBMI(Body Mass Index)指数が25以上でも肥満ということになります。

また、血圧に関しては、男女共に収縮期血圧、つまりは上が130mmHg、拡張期血圧、つまり下が85mmHg以上の場合は高血圧になります。
血糖値は、110mg/dl以上の場合には高血糖となります。
ただし空腹時であることが条件です。
高脂血症に関しては、中性脂肪値が150mg/dl以上、あるいはHDLコレステロール値が40mg/dl未満の場合にそう診断されます。
HDLコレステロールというのは、善玉コレステロールの事です。

メタボリックシンドロームを予防する上で、これらの数値は覚えておいた方が良いでしょう。
定義から外れるからといって安心するのではなく、その数値に近い場合は予防を心がけるようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0