This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの本

メタボリックシンドロームの本

現在、メタボリックシンドロームには大きな関心が寄せられています。
メタボリックシンドロームがどのような病気であるか、どのように予防すべきか、治療はどう行うべきなのかなど、様々なところで論じられています。
以前はメタボリックシンドロームと言えば肥満を意味し、肥満を予防する事で回避できると考えられていましたが、今はそういった誤った考えを是正する動きが活発化しているようです。

特に今は、メタボリックシンドロームに関する本が数多く出版されています。
その多くは食生活の改善などの食に関する内容を中心にしたものですが、中にはメタボリクシンドロームに関して総合的な解説をしている本もあり、徐々にそれらの本も増えています。

その中にあって、特にお勧めの一冊をご紹介します。
高橋伯夫(たかはしはくお)さんの著書「メタボリックシンドロームのことがよくわかる本」です。
メタボリックシンドロームに関するあらゆる解説や事項が記されているので、メタボという病気がどういうものなのか、どうすれば予防・治療ができるのかは子の一冊を見ればかなり理解できるでしょう。

インターネットが普及した昨今、本で学ぶという事をしない子供が増えてきました。
調べ物をするにしても、携帯電話でちょくちょくサイトを覗く、といった感じの方法が主流になりつつあります。
しかし、電子画面を眺めるより、本をじっくり眺める方が目にも優しいですし、頭にも入りやすいので、本で調べる事をお勧めします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0