This page:メタボリック シンドロームの予防・対策 > メタボリックシンドロームの論文

メタボリックシンドロームの論文

近年、メタボリックシンドロームの注目度はどんどん増してきています。
今年4月にメタボ検診がスタートして移行は特にそれが顕著で、メタボリックシンドロームに関する書籍、予防策を記したサイトなどが、かなり以前より増えてきています。
そして、それは大学などの研究機関においても同様です。
これまで以上に、メタボリックシンドロームに関する論文が増えているようです。

例えば、最もスタンダードな論文としては、メタボリックシンドロームや肥満との関係を調べ、分析した研究の論文です。
メタボリックシンドロームは肥満と同義であるという誤認識が徐々になくなってきている昨今、肥満とメタボの関係をより正しく認定するための研究が数多く行われているようです。

また、野菜とメタボリックシンドローム、あるいは果物とメタボリックシンドロームといった組み合わせによる、相互関係の分析を試みている論文もあるようです。
野菜を多く取る人が本当にメタボになりにくいのか、野菜がメタボの予防として本当に効果があるのか、あるのならどの程度の効果が期待できるのかなどの調査や分析が綿密に行われているのです。
例えば、野菜を一日どれくらい摂取していたら、将来メタボになるパーセンテージが減るか、予防効果があるかなどの調査も行われているようですね。

こういった研究が日々行われる事で、私たちはメタボリックシンドロームに関しての正しい知識を得る事ができます。
論文のまま読むのは難しいですが、その論文が噛み砕かれて易しい言葉で本やニュースになった時、私たちの目や耳に届く事でしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0