This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームの種類

レンタルルームの種類

レンタルルームとは、レンタルできる収納スペースの事をいいます。
海外と比べてももともと土地の狭い日本は家も狭く、置き場のない荷物に囲まれて窮屈に生活をしている人が多いのではないでしょうか。
そんなあふれた荷物をレンタルルームに預けてしまうと、家がゆとりのある快適な空間として生まれ変わります。
個人だけでなく法人においてもレンタルルームの需要は増えてきています。
たくさんの書類や在庫の保管場所のためにオフィスを広げるのに比べて、レンタルルームにこれらを預けてしまえばコスト面でも節約できます。

レンタルルームには、ビル型、倉庫型、コンテナ型など用途によってさまざまな種類があります。
ビル型とは、建物をパーテーションなどで細かく区切って分けたスペースの事をいいます。
季節の家電商品や来客用の布団などの家財道具の保管に便利なレンタルルームです。
また、会社の資料や書類、事務用品などの保管にも利用できます。
空調も完備されセキュリティーも万全なので、大切なものも安心して保管できます。

倉庫型の中に、さらに一室型と預かり保管型の二種類があります。
一室型は、建物の中の一室を貸し出すというレンタルルームの基本の形態です。
大型タイプが多いので、大量に収納する事ができます。
預けた荷物の出し入れがしやすいのも特徴の一つです。
預かり保管型は、レンタルルームを借りるのではなく管理する業者に荷物を預けて保管してもらいます。
業者が預けた荷物の保管と管理を行ってくれるので安心です。
料金は預ける荷物の量によって決定するので、必要な量の荷物だけを預ける事ができます。
頻繁に出し入れしないシーズンものの荷物の収納にお勧めです。

コンテナ型は、屋根のない空いた敷地などにコンテナを並べて設置します。
設備の負担がないため、他のタイプのレンタルルームに比べて割安といえます。
このタイプは24時間利用できる場合が多いので、いつでも好きな時に荷物の出し入れができます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0