This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームの屋内型と屋外型

レンタルルームの屋内型と屋外型

レンタルルームとは、レンタルできる収納スペースの事をいいます。
レンタルルームには、屋内型と屋外型があります。
屋内型のレンタルルームは、ビルや店舗などの建物をパーテーションなどで細かく区切って分けたスペースの事をいいます。
大小のスペースに区切る事で、各種サイズに対応しています。
屋内型のレンタルルームには次のような特徴があります。
・セキュリティーが万全である事。
・空調システムが完備されており環境に影響しない事。
・預けた荷物運搬や配送をしてくれる事。
・不要となった荷物の廃棄処分をしてくれる事。
・荷物の管理代行をしてくれる事。
屋内型は、頻繁に出し入れする事のないシーズンものの荷物を預けるのに適しています。
また、空調とセキュリティーの面から、会社の資料や書類を保管するのにも便利だといえます。

屋外型のレンタルルームは、コンテナなどを利用して建物自体がレンタルルームになっています。
屋外型のレンタルルームには次のような特徴があります。
・いつでも好きな時に出し入れができる事。
・コンテナの前に車を横付けできるので、大きな荷物の運搬に便利な事。
・コンテナ内を自由にレイアウトして使える事。
屋外型は、屋内型に比べて自由がききます。
いつでも出し入れ可能なので、バイクなどの保管に利用している人も多いようです。

業者によってサービス内容が変わってきますので、事前に必ず確認してください。
収納したい荷物に適したレンタルルームを選びましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0