This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームの契約と期間

レンタルルームの契約と期間

賃貸のマンションやアパートを借りる場合、まず始めに敷金、礼金、家賃を支払います。
レンタルルームを借りる場合も同様で、契約料金が発生します。
これは業者が独自に決めた料金で、初期費用として使用料の何か月分かをまとめて支払ったり、事務手数料、保険料、カギ交換費用、保証金などの費用が発生したりします。
また、これらの費用のほかに個人の場合は本人が確認できる身分証明書、法人の場合は登記簿謄本や印鑑証明が必要になる場合があります。
未成年者や学生の場合は、連帯保証人が必要です。
必要な書類や費用は各業者によって異なりますので、事前に確認してください。

自分に合ったレンタルルームを決めたら、次はレンタルする期間を決めます。
賃貸物件の場合は契約期間が入居時に決まっているので、期限が来たら解約や更新をしますが、レンタルルームの契約期間は業者ごとに独自に決められています。
レンタルルームは、最短で一週間から借りる事ができます。
しかし、料金が月極めのところはたとえレンタルした期間が一週間であっても、一ヶ月分の料金の支払いを求められる場合もありますので注意が必要です。
逆に、月の途中から契約した場合に日割りで換算してくれる業者もあります。
契約の更新には、更新料が発生する場合としない場合がありますので、契約時に確認しておきましょう。
業者によって、自動的に更新される場合もあります。
また、新築やリフォームによる仮住まいや海外赴任などであらかじめレンタル期間がわかっている場合に、契約時にまとめてその期間分の料金を支払う事によって月極め料金が割安になる業者もあります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0