This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームの広さと条件

レンタルルームの広さと条件

レンタルルームは、屋内型と屋外型の二種類に大きく分けられます。
屋内型のレンタルルームは、ビルや店舗などの建物をパーテーションなどで細かく区切って分けたスペースの事をいいます。
大小のスペースに区切る事で、各種サイズに対応しています。
利用者は、目的に合わせて広さを選ぶ事ができます。
広さは、家に収まりきらなくなった本やビデオ、DVDなどに適した大きいコインロッカーくらいのタイプから、四畳ほどの広さのタイプまでさまざまでどんなものでの収納する事ができます。
空調システムが完備されているので、収納した荷物が環境に左右される事もありません。
セキュリティーも万全なので大切なものの保管にも適しています。
車での搬入や運搬ができないと言う点で不便に思うかもしれませんが、荷物の出し入れを代行してくれるサービスを行っている業者もあります。

屋外型のレンタルルームは、屋根のない空いた敷地にコンテナを置いて収納スペースとしたものです。
コンテナ自体がレンタルルームとなっており、コンテナの中は仕切りがないものが多いので自分の好きなように収納する荷物をレイアウトする事ができます。
広さは一畳未満のものから四畳ほどの広さのものまでさまざまで、中に収納する荷物を選びません。
屋外型には、コンテナ前に車を横付けできたり駐車場を完備されていたりするところが多いので、キャンプやスキーなどに出かける途中に立ち寄って荷物を積んでいく事が可能です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0