This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームの照明と換気

レンタルルームの照明と換気

家に収納しきれない荷物を低料金で預かってくれるレンタルルームが、今注目を浴びています。
いつでも出し入れができる事から、利用者も年々増えつつあるようです。
しかし、この「いつでも」という点において注意しなければなりません。
レンタルルームには、それぞれの部屋に照明がついてないところがほとんどです。
したがって、夜間に荷物の出し入れをしようとした場合には暗がりの中で作業する事になります。
細かい品物や色がわかりにくい荷物を収納している場合には、特に照明が必要になってきます。
まず、レンタルルームの契約時に照明がついているかいないかを確認しておきましょう。
照明がない場合は、荷物の出し入れをする時に懐中電灯を持っていくか、部屋の入り口付近においておくといいでしょう。
屋内型のレンタルルームの場合は、照明が完備されているところと、敷地内には照明がついていて部屋にはないところがあるようです。

また、レンタルルーム内の換気状態がどうなっているかの確認も重要です。
屋外型のレンタルルーム内で換気口がないタイプだと、どんなに強いコンテナであっても長く保管していると室内に熱がこもってしまう事があります。
屋外型のレンタルルームを契約する場合は、事前に業者に確認をとるとともに見学に行って部屋の中と外の気温の違いを体感してみるといいでしょう。
中には、自動空調システムで強制的に換気しているところもあります。
木造タイプのレンタルルームでは、利用者に換気をしなければならないところもあります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0