This page:レンタルルーム.COM > 衣類や本の収納について

衣類や本の収納について

冬に大活躍のジャケットやコートなどは、クローゼットの中で特に場所をとる衣類だと思います。
このようなシーズンものの衣類の収納を助けてくれるのが、レンタルルームです。
しかし、衣類を預けるためのレンタルルームを選ぶ場合には、注意しなければならない点があります。
まず、レンタルルームの種類を屋内型にするか屋外型にするかですが、衣類の収納には屋内型がお勧めです。
屋内型のレンタルルームは、温度を一定に保ち通気性のいい構造になっているので、環境も良くカビの発生も防いでくれます。
毛皮のコートや和服などのデリケートな衣類に適した専用の収納箱や、たたんだ際にできてしまう折り目やシワを防ぐために専用のハンガーを用意している業者もあります。
やむを得ず屋外型のレンタルルームを利用する場合は、衣装ケースなどに保管してカビや結露から衣類を守るように心がけてください。
防虫剤と除湿剤を忘れずに使用しましょう。
また、スペースを自由に使えるコンテナタイプなら、壁掛けラックやハンガーレールを取り付けて収納する事ができます。
革素材の衣類を預ける場合は、事前にクリーニングに出してから収納するようにしましょう。

仕事や趣味で増えてしまった本やCDなどの収納にも、レンタルルームは多く利用されています。
これらを保管するときにしてしまいがちなのは、次々と段ボールに詰め込んでしまう方法ではないでしょうか。
しかしこれでは、一番底にあるものを取り出す時に時間がかかってしまいます。
取り出しをスムーズにするために、箱の外に入っているものを書いておいたり、中身を写真にとって貼って置いたりするといいでしょう。
また、屋内型のレンタルルームには中身を記録してくれるサービスのある業者もあります。
本やCD専用ラックを用意している業者もあります。
屋外型のレンタルルームでコンテナタイプの場合は、自分で棚を置く事ができます。
本やCDが痛んでしまう可能性があるので保管には屋内型がお勧めですが、屋外型を利用する場合は包装などカビ対策をしっかりしておく事が大切です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0