This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームについて

レンタルルームについて

レンタルルームを利用した事があるでしょうか?
レンタルルームとは、自宅以外の場所に借りる収納スペースの事です。
レンタルルームの広さはさまざまで、屋内型では大きいコインロッカーくらいのタイプから四畳ほどの広さのタイプまでがあります。
屋外型では、コンテナを並べたタイプやプレハブ物置のようなタイプなどがあります。
料金も設定も業者によってそれぞれ違います。
レンタルルームは、主に日常生活にあまり必要のないシーズンものの荷物などを収納しておくための「第二の倉庫」として利用されています。
預ける荷物には、個人の場合は家財道具、本、衣類など、法人の場合には書類や事務機器、在庫品などいろいろなものが挙げられます。

レンタルルームという言葉をよく耳にするようになったのは最近の事ですが、日本でレンタルルームサービスが始まったのは1970年ごろだと言われています。
1970年代、東京などの都心で倉庫会社による個人を対象とした保管業務が始まりました。
このレンタルルームサービスは一時はブームにはなったものの、業者と利用者との間のトラブルが続出したそうです。
1986年には、標準トランクルームサービスの約款が告示され実施されました。
その後、2001年に倉庫業法が一部改定されています。
「優良なトランクルームを国が認定する制度の創設」「倉庫業者以外の者による消費者を誤認させる行為の禁止」などが倉庫業法に加えられ、現在に至っているという事です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0