This page:レンタルルーム.COM > レンタル会議室のレイアウト

レンタル会議室のレイアウト

レンタル会議室を使用する場合、机や椅子のレイアウトはとても重要になってくると思います。
ここで、主なレイアウト方法についてご紹介します。

「スクール形式」とは、会議室の入り口とは反対側を前として一つの方向に机と椅子を並べた最も一般的なレイアウトです。
各自に机と椅子が用意されていて、会議の参加者は自分の机でパソコンで議事録を作成したり、メモをとったりする事ができます。
全員の視線を前に集中させる事ができるのも、スクール形式の特徴でしょう。
しかし、机が各自にあるために多くの人数が収容には適していません。

「シアター形式」とは、映画や舞台を鑑賞する時のように椅子のみが並べられ机を使用しないレイアウトです。
各自に机がないために多くの人数が収容できますが、逆に机がないために会議の参加者が荷物を置いたりメモを取ったりするスペースがありません。

「口の字形式」とは、「口」の字形に机と椅子を並べて会議の参加者の視線が中央に集まるようにしたレイアウトです。
参加した人同士が議論をする場合に適しています。
立食パーティーにもよく使われています。
初対面でも、お互いにコミュニケーションがとりやすいのが口の字形式の特徴です。
しかし、参加者の視線が一方向に集中しないため、大人数や長時間の話し合いには不向きといえます。

レンタル会議室のレイアウトはあらかじめ用意してもらえますが、用意されたレイアウト変更ができるところとできないところがありますので事前の確認が必要です。
レイアウト変更が可能な場合でも、使用後は必ず元に戻して置く事が条件になるようです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0