This page:レンタルルーム.COM > レンタルルームの契約までの流れ

レンタルルームの契約までの流れ

レンタルルームは、個人の場合は趣味や作品の展示会場などに利用したり、法人の場合はミーティングルームなどに利用したりできます。
レンタルルームは、利用者と業者との間でトラブルのないように利用規約がしっかり設けてあるので、安心して使う事ができます。
ここで、レンタルルームを契約するまでの流れをご紹介します。

1.レンタルルームを実際に見学します。
  パンフレットやインターネットの紹介だけではわかりにくいと思いますので、実際にレンタルルームを見学してみましょう。
  実際に使ってみる場合のイメージもある程度できると思います。
2.利用規約に同意の上、契約をします。
  レンタルルームを使って何をするのか内容を業者に説明します。
  展示品がある場合は、どんなものがあるのかやおおよその量を伝えておきましょう。
  レンタルルームの契約には、個人の場合は運転免許証、保険証、パスポート、学生証などの身分証明書が必要になります。
  グループで利用する場合は、代表者の身分証明書のみで大丈夫です。
  法人の場合は、登記簿謄本や申し込み者の身分証明書が必要です。
3.利用する期間のスケジュールを作成します。
  搬入、搬出するものがあればその日時を伝えておきます。

利用するレンタルルームによって、契約するまでの流れは違ってくるかもしれません。
始めに業者に確認をとっておくと、契約までスムーズにいくと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0