This page:滞納整理の方法 > 家賃滞納の対処方法

家賃滞納の対処方法

近年、賃貸アパートや賃貸マンションにおける家賃滞納と言うのが増えて来ている傾向にある様です。これはお給料の住宅手当等がカットされている企業が増えて来ている事、リストラや就職難など、仕事が出来ない状況になって来ている事等があって払いたくてもお金が無いと言う状況になって来ているからではないかと思います。

大家や管理会社側からしてみたら、こう言った事情があるにせよ放っておいてしまっては経営も成り立たなくなって来ると思いますし、精神的にも金銭的にも負担を強いられる事になります。そんな状況が長期化する前に早めに対処をする様にするのが良いと思うのですが、実際のところどの様に対処したら良いのでしょうか?

先ず、家賃の滞納が始まった場合の対処方法をご紹介します。

1.電話や直接あって口頭で督促をします。この行為はなるべく早めに、しかも何回も行う様にするのがコツです。

2.「家賃を払ってください。」と言う旨が書かれた通知分を本人に渡して督促をします。渡すのは直接でも郵送でもどちらでも構わないと思います。これによって何回も督促をしているんだと言う証拠になります。

3.上記の様な手段をとっても家賃を支払うと言う気配が無い場合は思い切って法的手段に訴えましょう。法的手段とは内容証明を送る事で内容的には家賃の支払い、および賃貸契約解除の要請が主になります。

以上の様な対処方法から行っていくのが家賃滞納に関する最も一般的な対処方法ではないかと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0