This page:滞納整理の方法 > 支払い滞納に関する管理者側の対処

支払い滞納に関する管理者側の対処

色んな支払いに対して滞納された場合の管理者側が行わなければならない対処と言うのはどんな物があるのでしょうか?

滞納している人へ管理者側がどう対処をしたらいいのかと言うのは相手によって臨機応変に対応を変えなければならないと思います。また滞納者に自主的に支払う様に持っていけるかと言うのが鍵となる様です。

ではどういう対処を行うのが良いのか、基本的な対処方法を説明します。

【1段階目】
滞納をしている期間が1?2ヵ月程度と比較的まだ浅い場合の督促方法は、電話で直接督促したり郵便で督促状を送ったりして滞納者に支払いを促します。

管理を直接している人が督促する前に管理会社に委託をしているのであれば、こう言った作業は管理会社に任せる様にして、管理者は直接督促をしない様にしましょう。

【2段階目】
1段階目の対処を行っても支払われる様子が無い場合、管理者または管理会社側が複数人によって直接滞納者本人に会い、支払う様に交渉すると言う方法があります。あくまでも目的は自分の意志で支払ってもらう事にありますので、この対処を何回か繰り返して行う様にする事も大切なのです。

こう言った滞納者に対しての対処をする場合には、いつ・誰が・誰と・どんな方法・内容を行ったのか事細かに書き留めておきましょう。そうする事で後々トラブルになるのを防ぐ効果が期待出来ます。以上の様な事の他にもケースバイケースで対応策を練る事がとても大切だと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0