This page:滞納整理の方法 > 市民税等の滞納に関する対処方法

市民税等の滞納に関する対処方法

市民税や住民税等の税金を滞納してしまった場合、どう言う様な対処をすると良いのでしょうか?自治体によっては滞納具合によっては差し押さえなどの対処をする所もあるみたいですよね。

税金と言うのは放っておくと5年で時効を迎える事が出来てそれまで滞納していた分を支払わなくても良くなります。しかし時効も5年間で済めばいいのですが役所側が督促状などを発行するとその期間は時効が中断される事になります。その分時効が延びてしまう事になります。また差し押さえを役所がした場合にも時効が中断される事になります。と言う事は差し押さえをされている間は仮に5年間差し押さえられたとしても時効を迎える事が出来ないという事になります。

結構税金の納付に関しての回収は厳しくて、自治体にとっては大切な資金源になりますので厳しい対処が施されると思います。
また、財源が欲しいから厳しく対処をするという事だけでなく、回収する人や回収しない人との不公平が出ない様に差し押さえ対処を積極的に行っているようです。じゃないと真面目に納税している人だけが不公平になってしまいますものね。

先ほど書きましたが、督促がされると時効がリセットされてしまいますのでそこから新たに5年間時効が延びる事になります。ですから簡単に税金を納めなくても良いという所までは行かないので出来るだけきちんと支払いをする様にしましょう。支払いが難しかったら役所に電話をして支払方法を相談しましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0