This page:滞納整理の方法 > 税金を滞納したらどう言った対処をされるの?

税金を滞納したらどう言った対処をされるの?

税金を払わない人がたくさんいると思いますが、税金は滞納すると最悪財産を差し押えられてしまう可能性があります。

税金を滞納すると先ずは附帯税・や加算税が未払いの税金に対してかかる様になります。それでも払わずに放置しておくと財産を差し押えられてしまう可能性があると言う事なのです。

税金を滞納した場合の税務署側の対処ですが、先ずは税金の納付期限より換算して50日以内に正当な理由も無く税金が支払われない場合、各自治体から督促状が送付されてきます。更に督促状発行日から10日以内に支払われない場合、自治体側では財産を差し押えられる権利を得る事になります。これを滞納処分と呼んでいます。

では差し押えられる財産と言うのはどんな物なのか以下に挙げてみたいと思います。

・給料
・今ある現金
・銀行等にある預貯金
・土地や家、マンション等の不動産
・家にある車や家具、テレビ等の動産
・株券等の有価証券
・NTTの電話権利

等々、金銭に変えられる物ばかりだと思います。

自治体側がこれらの財産を差し押さえると言う対処をすると、滞納者側はこれらの財産を勝手に処分する事が出来なくなりますし、それでも尚税金を払わないとなると財産を公売すると言う対処がされてしまいます。最近ではインターネットのオークションを利用した公売もある様です。

但し、差し押えられる前にある程度の督促がされると思いますので直ぐに差し押さえと言う感じにはならないと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0