This page:滞納整理の方法 > 給食費の滞納

給食費の滞納

給食費と言うのは主に小学校や中学校等義務教育過程においてお昼に出されている食事の料金を指しています。

今、この給食費を払わない家庭が急増している様で全体の1割弱が払っていないと言う現状の様です。給食費は学校にいる生徒や先生の分の食材費、作っている人の人件費等があり、トータルするとその金額はかなりの額になるのです。しかし、払わない家庭が増えていると言う事はどこかにそのしわ寄せも行くと言う事になります。

と言う事もあり、学校側としては何とか給食費を支払ってもらう様に様々な対処をしているみたいなのですが、先生方はサラ金業者では無いので取り立てをするにも気が引けるでしょうし大変な苦労をしているみたいです。

では何故給食費を支払わないのでしょうか?実は払わない理由としては特に理由らしき理由は無いみたいなのです。多分払わなくても給食は食べられるみたいだし、大丈夫。とか、給食費って以外と高いから節約の為に払えないわ。とか思っているのかもしれませんね。

ちなみに、給食費の支払いには時効が設けられていて、2年で時効が成立してしまうのだそうです。どちらにしても公共の費用を払わない。ましてや自分自身のではなく可愛い子供の学校費用を払わないと言う行為はマナーや常識の問題になると思います。

払えるのに払わないのと、払えないなら払わないのでは同じ払わないでも意識的に違ってくると思いますので、こう言った意識改革から対処を始めてみると良いと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0