This page:滞納整理の方法 > 自動車税を滞納してしまった場合

自動車税を滞納してしまった場合

自動車税を滞納してしまった場合、延滞金が加算されたり車を差し押さえられてしまったりと言う場合があります。実際に東京都では自動車税の滞納に対して罰則が強化されると言う対処が行われているそうです。

自動車税は滞納しないできっちりと支払う、これが私達車を運転する側の対処策だと思うのできっちり支払う様にしましょう。また期限内に支払う事が出来なかったら出来るだけ早く支払う様にしましょう。

実際に、自動車税を滞納して再三行われた督促に対しても支払わなかった場合、財産の差し押さえとして車両本体が差し押さえられる場合があります。これによって押収された車両はその後納税されたら返してもらえるのですが、それでも納税されない場合にはインターネットオークション等で公売にかけられると言う対処が施されてしまう様です。

こう言った車両の差し押さえの対処に関しては、回収する側が滞納している人の個人宅や法人事業所等に直接出向き、差し押さえをすると言う事を改めて勧告した上で納税の意思があるかどうかを確認する様です。その上で納税の意思がない場合車両を差し押さえてオークション等で公売にかけると言う対処がされるそうです。ですから急に差し押さえられて直ぐにオークションにかけられると言う事ではないのでその点は安心してもらいたい所だと思います。

オークションで売れた場合、その金額の方が納税額より多い場合のケースである方が大きいと思いますのでこうした場合には差し引いた金額を車の所有者に変額するようにしているようです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0