This page:滞納整理の方法 > 授業料を滞納すると言う事に関して

授業料を滞納すると言う事に関して

日本全国における公立、私立高校の授業料を滞納している人が結構いると言う事なのですが、授業料の滞納を対策しようと言う行動はかなり困難を極める問題となっているそうです。基本的には授業料を滞納した場合、学校への出席を停止、または退学と言う対処を取れる事になっているみたいなのですが、教育を平等に受ける機会を滞納によって奪うのかと言うモラルや教育的な配慮によって学校側はこう言った対処を取る事があまり取れないと言うのが現状の様です。

その中で効果がある対処策として挙げられたのがある県で行われた授業料の徴収条例と言う物で、授業料を1か月以上滞納した生徒に対して様々な証明書の発行を停止すると言う物であったようです。この処分を行う事で授業料を滞納している人に平等に対処を行う事が出来ると言う事です。この対処方法によって何が困るのかと言うと特に3年生の卒業見込証明書が発行されないと言う事だと思うのです。発行されないと就職にも受験にも影響して来ると思いますので授業料を払うしか無くなると言う事です。

退学や停学処分にしないで授業料の滞納分を回収すると言う方法は結構難しいと思うのですが、色んな状況を考慮して対処を考えなければならないと言うのは大変な事だと思うのです。ですからそんな事態にならない前にきちんと授業料を支払う様にしておくのが親の務めではないかと思います。学校と家庭においての協力の元支払いが滞りなく出来る様にしていきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0