This page:滞納整理の方法 > 光熱費の滞納

光熱費の滞納

電気やガス、水道等の光熱費類は滞納してしまうとどれ位の期間で止められてしまう物なのでしょうか?

光熱費を滞納する家庭は結構たくさんあると思います。昨今の不況の中、急に職を失ったりして生活費が稼げなくなる場合もあるでしょう。そうなると光熱費も満足に支払う事が出来なくなり結果的に滞納と言う事になってしまうのです。

光熱費を滞納した場合、どれ位滞納すると止められてしまうのかと言うのは地域によって異なる為に一概には言えませんが、大体は電気、ガス、水道の順に止められていくと思います。
但し料金を滞納したからと言って翌日から直ぐに止められると言う事は無く、3ヶ月?半年位は期間があると思います。

また光熱費の中でも水道代に関しては唯一法定免除処理が適応されますので、止まりそうな位水道代を滞納した時には水道局に連絡をして相談してみて下さい。ある程度の期間的猶予を得られると思います。

また、もし少しでも払う意志があるのであれば各機関に連絡をしてみてこれだけなら払えるとか、分割させて欲しいとか相談してみると意外と良い案が浮かんで来るかもしれません。その上で止める日付を少し延ばして欲しいとか言うのも有りなのではないでしょうか。

電気、ガス、水道は人が生活していく上で無くてはならない物だと思います。これが無いと生活も充実した物にならないと思います。ですから滞納ばかりしているのではなく、少しでも払う様に努力していきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0