This page:滞納整理の方法 > 住宅ローンの滞納について

住宅ローンの滞納について

住宅ローンの滞納についてちょっと説明してみたいと思います。サラリーマンに限らず自営業の人でも住宅を買おうとするときには大抵ローンを組むと思います。そのローンの期間も結構長い場合が多く、25年?35年位の長いスパンでローンを組んでいる場合が多いのではないでしょうか。良く考えてみて下さい。30歳で家を買ったとして25年ローンを組むんだとしたら終りが定年間近になってしまいます。そう考えるととても長い期間になってしまうと言う事ですよね。

その何年もの長い間には様々な出来事が起こると思います。例えば職場をリストラされてしまったり、職場が倒産してしまったり、転職をしたり等と経済事情も大きく変わってくるかもしれません。良い方向に行けば良いのですが、悪い方向に行く場合ももちろんあるでしょう。そんな時住宅ローンを支払う事自体が厳しくなって支払いがと何処言ってしまう可能性もなくはないと思います。

住宅ローンの支払いを滞納してしまう様な事になると、対処として行うのが住宅ローンを組んでいる機関に相談をして返済の期間や金額を考え直してもらうと言う手だてがあります。その上で更に滞納をしてしまう事になると住宅その物が差し押さえられてしまう可能性が出てきます。

そんな時に頭に入れておいて欲しいのが住宅の任意売却と言う手段かもしれません。任意売却の業者に相談をしてみると色々面倒な手続きも引き受けてくれて言い様に処分や処理を行ってくれます。もちろん住宅が売却されても残債は残りますがそれも無理がないようにプランを組んでくれます。こう言った方法もありますのでもしローンを払い続ける事が出来ないのであれば是非考えてみて下さい。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0