This page:滞納整理の方法 > 学費を滞納せざるを得ない

学費を滞納せざるを得ない

今、学生たちの間に学費を滞納している人が増えてきている事が分かってきています。この不況の中、学費を支払う親の仕事が無くなってしまったり、収入が減ってしまったりして学費を払うことが出来なくなったのが理由であると言える。

学費を滞納してしまうと学校を退学したり休学したりしなければならない状況になったり、そうならないように学費を稼ごうとアルバイトをしなければならない様な状況になったりと大変な状況になるのは免れないようです。

こう言った状況を考えると今回の不況の影響を受けているのは働いている人だけでは無く、その家族や学生達にまで及んでいると言って良いと思います。

でも親心としては子供がせっかく学校に通っているんだから最後まで通わせてあげたいと思うものだと思います。ですから学費を滞納している。または滞納するかもしれないと言う自体を打破する為の対処策として頭をよぎるのが「奨学金」と言う制度ではないでしょうか。

奨学金を申請するのはいつでも出来ると言う物では無いようです。大抵の場合は入学した1年目の4月中に申し込んだり、2年生以降でも定期的に春に申し込んだりとある程度申し込み時期は決まっている様です。また奨学金は日本学生支援機構で扱っている物、各自治体で扱っている物、学校独自で扱っている物等様々ありますのでそれぞれの内容を見て検討してみるのが良いと思います。

急な不況で収入がままならず、学費をどうしたらいいか悩んでいた世帯にとっての対処策として「奨学金」と言う制度を是非利用してみてはいかがでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0