This page:滞納整理の方法 > 携帯電話料金を滞納した時の対処

携帯電話料金を滞納した時の対処

今や欠かせない存在になっている「携帯電話」。使うと発生するのが料金。そんな携帯電話の料金を支払う方法は主にクレジットカード会社を通して支払う方法、銀行の口座から直接引き落としがかかる方法、請求書を利用してコンビニ払いをする方法等があります。

しかし、使いすぎると料金も高額になる為に滞納をついしてしまう人も多いのではないかと思います。この様に携帯電話の料金を滞納してしまった場合、どういった対処が施されてしまうのかある携帯電話会社の例を挙げてお話してみたいと思います。

例えば先月利用した携帯電話料金を先月月末時点で締め、今月の上旬に計算が行われて中旬位に請求書の発送、到着があり、月末辺りに引き落としや支払い期限を切っていると言う場合があります。
コンビニ等で支払った場合には、即日に支払った旨が携帯電話会社へ連絡が行きますし、引き落としの場合にはその数日後に一まとめにして各金融機関が携帯電話会社に引き落としが出来たかどうかの結果を連絡します。

この時点で支払いの確認が取れない人に対して「利用停止に関するお知らせ」とか「再請求書」等が発行されて再度手元に届きます。その請求書に支払い期限と支払わなかった時の利用停止日が記載されていますのでそれを見て支払う様にしましょう。それでも支払わない場合には記載されている日に携帯電話が利用出来なくなります。

それでも支払わなければ裁判や法的手段に訴えられる場合もありますので出来るだけ早めに払う様にしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0