This page:滞納整理の方法 > 源泉所得税を滞納すると

源泉所得税を滞納すると

源泉所得税を滞納してしまうと結構厳しい対処が施されるって知っていました?

税金の中でも特に滞納が多いのが「消費税」「源泉所得税」だと思います。この税金はお客さまが支払ってくれたもの、社員が支払ったものと言う大事な税金です。支払わなければ迷惑をかける事になりますので必ず支払う様にしなければならない税金です。

大抵の場合は、消費税も源泉所得税も翌月10日に金融機関にて支払う事が決まっています。但し社員数が10人いかない様な小さい会社については特例として半年に1回納付しても良いようです。

源泉所得税についてですが、他の税金と違って自分の税金ではなく人から預かっている大切な税金です。ですからその責任の重大さから滞納をしてしまうと結構重いペナルティが課せられる事になってしまうのです。ではどんなペナルティが課せられるのかと言うと1日滞納しただけでも納付税額の10%を不納付加算税として支払わなければなりません。但し自主的に10%を納付した場合には不納付加算税は5%と低くなります。

またこう言った源泉所得税に関しての手続き等は起業したばかりの会社では知らないと言う事も考えられる為、こう言ったペナルティは初年度だけは課せられない事になります。

また不納付加算税の他に滞納したペナルティとして延滞金も付加されてしまうと言う対処が取られる為、きちんと納税をすると言う意識の高さが必要になるのです。

ですから源泉所得税や消費税は必ず期限内に支払う様にしないと損をする事になりますよ。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0