This page:うつ病のチェックと症状

心の病気

社会がどんどん複雑になっていくにつれ、心の病気にかかる人が恐ろしい勢いで増えつつあります。その筆頭に挙げられているのが「うつ病」です。
心は常に変化をし、外からの刺激だけでなく内からの刺激でも「風邪」を引いてしまうことがあります。実際、恐ろしいのは、心の病気は身体的な病気と異なり、心の病気があると人間性を否定されてしまうということです。しかし現実には、心の病気を抱えている人は実際、膨大な数に上ります。「病名」がつかない、心が晴れない、といった思いも含めるとほとんどの人が何らかの苦しみを抱えながらも毎日を送っているのではないでしょうか?
心の病に対する正しい知識と認識をもっていること、そして心の病を防止するための適切な方法を知っていることが現代社会を生き抜くための不可欠なツールなのかもしれません。

「うつ病のチェック」
心の病、特にうつ病は非常に多くの人が苦しんでいるにもかかわらず、実際、何がそうなのか、これは病気であり、「怠け」なのではないということを知るためにも自分で自分の心を見つめ、「うつ病のチェック」をするテクニックをもっていることが大切でしょう。

そしてちょっとでもおかしいな、と感じたら、迷わずに助けを求めてください。精神病を扱う機関としては代表的なのは「精神科」ですが、精神科はまだまだ誤解されている面があり、敷居が高いのが現実です。

精神病という看板を掲げていなくても、心療内科など、他の名称で心の病を扱うところもあります。「メンタルクリニック」という看板もよく見かけるようになりました。
顔見知りではなく、相談事をするという気軽な気持ちで、早め早めに心の重荷を下ろせるとよいと思います。

躁うつ病は、内因性の精神障害の代表であるのに対し、それよりも症状が軽く、環境の変化や性格に強く影響されるうつ状態を「抑うつ神経症」といいます。心因性の神経症(ノイローゼ)の一種です。うつ病とは異なり、多くの場合、誘因がはっきりしています。 仕事の失敗や夫婦関係のあつれき、あるいは経済的問題など、環境…
精神病(神経症も含めて)の治療には、抗うつ薬や抗不安薬といった薬による薬物療法以外に、催眠カタルシスや自由連想法、精神分析療法、といった精神療法による治療が行われることがあります。 さまざまな精神療法 ●催眠カタルシス 精神療法のひとつで、睡眠による暗示によって神経症の改善を図るものです。睡眠療法と…
躁うつ病や統合失調症(かつては、精神分裂病と呼ばれていた疾患)は、はっきりとした原因がわからず、精神医学の世界では、内因性の疾患として分類されます。それに対してもう少し症状が軽く、心理的な要因(環境が重視されます)による心の不調を、心因性疾患(神経症(ノイローゼ))と言います。 さらにもうひとつ、頭…
精神医学では、さまざまな心の病気を、内因性のもの(躁うつ病や統合失調症(かつての精神分裂病)以外に、心因性、外因性の疾患に分類しています。 精神医学でいうところの「心因性の精神障害」,つまり、何らかの身体的病気、たとえば脳の障害などの原因がみあたらないにもかかわらず、心身の機能に障害が生じるものには…
こころの病には、躁うつ病以外にも実にさまざまなものがあります。その代表格が「神経症(しんけいしょう)」,ノイローゼです。 神経症というのは、何らかの身体的な病気(脳の障害など)の原因がみあたらないにもかかわらず、心身の機能障害を起こす状態です。 心因性精神障害ということになります。 どのようなものが…
うつ病のなかには、季節によって症状が出たり、または重くなったりするものがあります。秋から冬にかけてうつ状態になり、春から夏にかけて軽快または回復するという、季節的な周期がみられるものもあります。 このタイプのものを「季節性感情障害」といいます。 季節性感情障害の特徴 この障害の特徴として、家族に感情…
「抗うつ薬のなかでも比較的鎮静効果に優れており、うつ病のなかでも睡眠障害や焦燥感の強い症例に適している」と言われるのが、「アミトリプチリン(一般名)」(商標名は「トリプタノール」「ミケトリン」「ラントロン」)です。この薬も、同じく抗うつ薬の代表とされるイミプラミン同様、抗うつ作用が現れるまでに、少な…
うつ病、特に単極型うつ病に用いられる薬物療法は、抗うつ薬によるものが主です。なかでも、三環系抗うつ薬(さんかんけいこううつやく)(イミブラミン、アミトリピチリン、ノルトリプチリン)が、その代表薬となります。 イミプラミン(商標名「イミドール」「クリテミン」「トフラニール」)は、うつ病に対する効果が期…
うつ病の治療方法として、主となるのは「抗うつ薬による薬物療法」です。単極型うつ病では、主に、三環系抗うつ薬(さんかんけいこううつやく)(イミブラミン、アミトリピチリン、ノルトリプチリン)が用いられます。 薬は「一般名」と「商品名」をチェックしておきましょう。たとえば、うつ病の治療薬として用いられるイ…
躁うつ病は、単極型うつ病の場合と、双極型躁うつ病の場合では多少、治療法が異なります。タイプにあった治療方法を選択する必要があります。 ●単極型うつ病の場合の治療法 以前は、うつ病に対する治療というと、電気ショックが用いられていた時代もありましたが、最近ではほとんど行われなくなりました。現在では、抗う…
躁うつ病の原因としてチェックすべきものはたくさんあります。環境的な要因も多く作用しますが、遺伝的要因も関与することが指摘されます。また、体型や性格との関係を示唆する研究もあります。 たとえば、双極型躁うつ病(うつ状態と躁状態が交互に現れるタイプの躁うつ病)になりやすいのは肥満型で、情け深く、社交的な…
身体症状、たとえば、頭痛や背中の痛み、不眠、めまい、など、を主に訴えることから、それがうつ状態の症状であることが見落とされがちになることがあります。それを「仮面うつ病」といいます。現代病のひとつとされ、ストレスが影響していることが多いです。 仮面うつ病の場合、患者さんはいろいろな医師、各科を訪れるも…
躁うつ病の年代別のピークは、20歳代です。そして30歳代がこれに続きます。その一方で、40歳代~50歳代にも多くなります。ただし20歳代は、双極性躁うつ病(うつ病相と躁病相が交互に現れるタイプの躁うつ病)が多いのに対し、40歳代~50歳代は、うつ状態だけが現れる単極性うつ病が多いのが特徴です。 この…
20歳代に発病のピークを迎える躁うつ病ですが、40歳代?50歳代にもかなりの人が、特にうつ状態だけの「単極型うつ病」を多く発病しています。 その引き金となる主なものに、「身体的要因」があります。身体の老化、体力の低下、その他、高血圧や脳血管障害、白内障、パーキンソン病といった慢性的な難治疾患です。 …
躁うつ病の発病年齢(初めて症状が現れた年齢)は、20歳代が最も多く、次に30歳代へと続きます。しかし、近年注目されているのが、子どもの発病と、40歳以後の発病です。40歳以後の発病を特に「初老期うつ病」と呼ぶことがあります。 躁うつ病には、躁状態とうつ状態が交互に繰り返される「双極型躁うつ病」と、躁…
人間の脳のなかには、感情を調節し、感情の波をある程度一定に保つ機能があります。躁うつ病の場合、それらの調節機能がうまく作用しなくなり、感情や欲求にさまざまな障害が生じます。ただし、脳に器質的変化は認められません。 躁うつ病では、特徴的な2つの病相:「うつ病相」と「躁病相」が、正常な状態である中間期を…
躁うつ病では、躁状態またはうつ状態が、正常な状態である中間期をはさんで周期的に繰り返されます。気分が落ち込み、思考力が低下、活動意欲も低下、さらに身体的にも不眠や肩こりといった自律神経系の障害を訴えることが多い「うつ病相」(うつ状態の期間)に対し、躁病相(躁状態の期間)になると、次のような症状が顕著…
ある期間持続する一定の病状を「病相(びょうそう)」といいます。躁うつ病では、躁状態またはうつ状態が起こっている時期(それぞれ躁病相とうつ病相といいます)が、正常な状態である中間期をはさんで周期的に繰り返されます。 うつ病相の症状、躁病相の症状と、それぞれありますが、まずはうつ病相の症状についてチェッ…
うつ状態(悲哀感を主とした症状)と躁状態(爽快感を特徴とする状態)が現れる感情の障害を「躁うつ病」といいます。 躁うつ病は、統合失調症(かつては精神分裂病と呼ばれていました)、てんかんとともに「内因性精神病」と呼ばれます。 注:精神医学では、こころの病気を「内因性疾患」「心因性疾患」「外因性疾患」と…
「背中が痛い」「どうも最近、よく眠れない」「食欲がない」 あれこれと身体的な症状を訴えるものの、その原因がはっきりしないことから周囲の人は、医師も含めて「気のせい」としてしまいがちなうつ状態を「仮面うつ病」といいます。しかし仮面うつ病は、確かに「病気」です。感情の障害であるのですから、周囲の人が理解…
ひとくちに「うつ病」といっても、さまざまな形態があります。 1. 躁うつ病 2. 単極型うつ病 3. 双極型躁うつ病 4. 初老期うつ病 5. 仮面うつ病 ●躁うつ病(そううつびょう) 悲哀感を主とした「うつ状態」と、爽快感を特徴とする「躁状態(そうじょうたい)」があらわれる感情の障害を「躁うつ病」…
うつ病というのは、いろいろなきっかけで起こります。ほんのちょっとしたことでうつ病に陥るということを考えると、この病気がどれほど身近なものか、わかります。 おもに社会的、心理的なきっかけで陥るうつ病にはさまざまなものがあります。身近な不安材料をチェックしてみてください。 ●荷降ろしうつ病 長年悩んでい…
「躁うつ病」という病気は、その言葉が示すように、「躁状態」と「うつ状態」が、両方とも現れる病気です。「双極型躁うつ病」は、どちらか一方の病相だけが現れる単極型と比べると、発症年齢が低く、遺伝的な因子との関係が深いとされます。また、近年は研究が進み、炭酸リチウムの使用で再発防止に効果が期待できるように…
躁状態とうつ状態を繰り返す病気を「躁うつ病」といいます。 悲哀感を主とした状態を「うつ状態」、爽快感を特徴とする状態を「躁状態(そうじょうたい)」といいますが、具体的にはどのような症状となるのか、精神状態と身体状態をチェックしてみましょう。 うつ病 ●精神状態 1. 気分 ・・・抑うつ、さびしい、…
躁うつ病(そううつびょう)は、悲哀感を主とした「うつ状態」と、爽快感を特徴とする「躁状態(そうじょうたい)」があらわれる感情の障害です。 この病気には、遺伝的、性格的要因が大きいとされていますが、病状が落ち着くと、正常な人格に戻るのが普通です。 躁うつ病のチェック 躁うつ病の場合、診断の根拠となるチ…
うつ病の薬は、現在、非常にたくさんの種類が開発されています。人によって効き目や副作用の出方がかなり異なってきますし、そのバランスのとり方に対する考え方も人それぞれです。たとえば、抗うつ薬のひとつに「アナフラニール」(一般名「クロミブラミン」)がありますが、この薬は確実な効果があるために、精神科医が現…
うつ病に対して処方される薬が「抗うつ薬」です。『こころの治療薬 ハンドブック』星和書店では、「こころの治療」に用いられるさまざまな薬の薬理説明、処方の実際、用量例、および実際に処方したときのエピソード、そして非常に参考になるワンポイントアドバイスとして処方の留意点、服用のしかたと留意点を挙げています…
心の病気は、いろいろな要因で発症します。まずはどの分類に入るか、チェックしてみましょう。 大きく、1.内因性のもの、2.外因性のもの、3.心因性のもの、の3種類に分類されます。 1. 内因性によるもの・・・遺伝や体質などが原因と考えられる精神病です。たとえば、「精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)」…
社会がどんどん複雑になっていくにつれ、心の病気にかかる人が恐ろしい勢いで増えつつあります。その筆頭に挙げられているのが「うつ病」です。 心は常に変化をし、外からの刺激だけでなく内からの刺激でも「風邪」を引いてしまうことがあります。実際、恐ろしいのは、心の病気は身体的な病気と異なり、心の病気があると人…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0