This page:うつ病のチェックと症状 > 心の病気

心の病気

社会がどんどん複雑になっていくにつれ、心の病気にかかる人が恐ろしい勢いで増えつつあります。その筆頭に挙げられているのが「うつ病」です。
心は常に変化をし、外からの刺激だけでなく内からの刺激でも「風邪」を引いてしまうことがあります。実際、恐ろしいのは、心の病気は身体的な病気と異なり、心の病気があると人間性を否定されてしまうということです。しかし現実には、心の病気を抱えている人は実際、膨大な数に上ります。「病名」がつかない、心が晴れない、といった思いも含めるとほとんどの人が何らかの苦しみを抱えながらも毎日を送っているのではないでしょうか?
心の病に対する正しい知識と認識をもっていること、そして心の病を防止するための適切な方法を知っていることが現代社会を生き抜くための不可欠なツールなのかもしれません。

「うつ病のチェック」
心の病、特にうつ病は非常に多くの人が苦しんでいるにもかかわらず、実際、何がそうなのか、これは病気であり、「怠け」なのではないということを知るためにも自分で自分の心を見つめ、「うつ病のチェック」をするテクニックをもっていることが大切でしょう。

そしてちょっとでもおかしいな、と感じたら、迷わずに助けを求めてください。精神病を扱う機関としては代表的なのは「精神科」ですが、精神科はまだまだ誤解されている面があり、敷居が高いのが現実です。

精神病という看板を掲げていなくても、心療内科など、他の名称で心の病を扱うところもあります。「メンタルクリニック」という看板もよく見かけるようになりました。
顔見知りではなく、相談事をするという気軽な気持ちで、早め早めに心の重荷を下ろせるとよいと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0