This page:うつ病のチェックと症状 > 抗うつ薬

抗うつ薬

うつ病に対して処方される薬が「抗うつ薬」です。『こころの治療薬 ハンドブック』星和書店では、「こころの治療」に用いられるさまざまな薬の薬理説明、処方の実際、用量例、および実際に処方したときのエピソード、そして非常に参考になるワンポイントアドバイスとして処方の留意点、服用のしかたと留意点を挙げています。
このハンドブックで挙げられている薬は次のものです:
●抗不安薬、●抗うつ薬、●睡眠薬、●抗精神病薬、●抗パーキンソン薬、●抗てんかん薬、●脳循環・代謝改善薬、●抗躁薬、●抗酒薬、●抗痴呆薬、●気分安定薬、●その他 です。
手元にこうしたハンドブックがあると、病院で処方された薬がどのようなものなのかを理解する助けになります。
うつ病の診断を受け、何がしかの抗うつ薬、あるいは「こころの薬」を処方されたときには、自分自身でそれが何かをチェックするぐらいの積極的な姿勢が必要ではないでしょうか。

『こころの治療薬 ハンドブック』星和書店で紹介されている「抗うつ薬」のなかに、「アナフラニール」(一般名「クロミブラミン」)があります。たとえばこの薬について『こころの治療薬 ハンドブック』星和書店では、その「服用のしかたと留意点」について、次のように説明しています。
「効果はSSRIよりも確実性があるといわれているが、人によっては便秘、口が渇く、尿が出にくくなるなどの副作用がかなり強くでてくる。このような場合には、ほかの抗うつ薬への変更を医師にお願いするとよい。」

 

cms agent template0037/0038 ver1.0