This page:うつ病のチェックと症状 > 初老期うつ病の要因と症状

初老期うつ病の要因と症状

20歳代に発病のピークを迎える躁うつ病ですが、40歳代?50歳代にもかなりの人が、特にうつ状態だけの「単極型うつ病」を多く発病しています。
その引き金となる主なものに、「身体的要因」があります。身体の老化、体力の低下、その他、高血圧や脳血管障害、白内障、パーキンソン病といった慢性的な難治疾患です。

またもう一つの大きな要因が、社会状況的要因です。退職、引退、子どもの就職や結婚による「役割の喪失」、配偶者との死別、経済的・社会的地位の低下、などです。
そして身体的要因と社会状況的要因が基盤となっていることもあるのですが、「心理的要因」もあります。生きがいを失ってしまった、孤独、不安、目標の喪失、です。
しかし、加齢による身体的な衰えは、誰にでも訪れるものであり、それだけがうつ病の原因とはなりません。
初老期うつ病になる人に特徴的な要因としてもうひとつチェックしておきたいのは、性格です。執着気質(しゅちゃくきしつ)という性格的な特徴です。
何事も完璧でなくてはならない(完璧主義)、凝り性、きちょうめん、強い責任感をもつ人たちの性格です。このような性格をもつ人は、肉体的、環境的な変化をうまく受け入れることができず、順応できないままに、かつての生活を維持しようとし、でもうまくいかず、それで気分が落ち込んでしまうのです。

初老期うつ病の特徴的な症状としては、不安感や焦燥感の強さがあります。絶望にとらわれ、被害妄想的になります。身体的な変化が現れる時期と重なることもあり、身体へ関心が向くことから身体的不調を強く訴える傾向もあります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0