This page:うつ病のチェックと症状 > さまざまな心の病

さまざまな心の病

こころの病には、躁うつ病以外にも実にさまざまなものがあります。その代表格が「神経症(しんけいしょう)」,ノイローゼです。
神経症というのは、何らかの身体的な病気(脳の障害など)の原因がみあたらないにもかかわらず、心身の機能障害を起こす状態です。
心因性精神障害ということになります。 どのようなものがあるのか、チェックしてみます。

神経症は、その症状から次のような幾つかに分類されます。WHO(世界保健機関)では、症状から10に分類しています:?不安神経症、?ヒステリー ?恐怖症、?強迫神経症、?抑うつ神経症、?神経衰弱、?離人神経症、?心気神経症、?そのほかの特異な神経症、?非特異型神経症、です。
特にそのうち代表的な8つについて以下にその特徴を記述します:

●不安神経症・・・漠然とした不安から死への恐怖や苦しみが起こり、激しい動悸や息苦しさに襲われます。
●ヒステリー・・・こころのゆがみや葛藤が、人前で突然、身体症状や神経症状としてあらわれます。
●強迫神経症・・ある考えや不安が、ひとりでにおこってきて、抑えきれない症状をいいます。
●抑うつ神経症・・・悲哀、不安、焦燥感などの症状を伴い、慢性のうつ状態が続きます。
●離人神経症・・・自分の人格の変化を感じたり、すべてに非現実感をもったりする自己喪失症状があります。
●恐怖症・・・他人や、高いところ、広いところ、閉めきったところ、乗り物などに強い恐怖感をもちます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0